FC2ブログ

知ってても良いかもね

Top Page › ビジネスマナー › ビジネスマナー9 言葉遣い
2019-09-11 (Wed)  20:47

ビジネスマナー9 言葉遣い

まず最初に、ご自身が仕事中にどんな感じで相手と会話してるか思い返して下さい。
多少なりともビジネスにふさわしくない言葉を使っているかも・・・
今回はビジネスでの言葉遣いをお話したいと思います。
難しい話しをすると 『尊敬語』 『謙譲語』 『丁寧語』 を上手に使えるようになりましょう・・・となるのですが、今回はそういう話は致しません。
最低限これだけは・・・というゆるい入門的なことをお伝えしたいのです。


前置きが長くなりましたが本題に入ります。

本来は 『言う』 → 『おっしゃる』 『申す』 といった言い方を身に着けよう! となるのですが、ここではそのお話は致しません。
まずは知って頂きたいのは、上司や同僚、はたまた取引先やお客様は友達ではないですよという事です。

あなたは俗にいう【若者ことば】を仕事中に使ったりしていないでしょうか?
例えば
 「草生える」 「わかりみ」 「それな」 「~なくない?」 
 「ぶっちゃけ」 「マジ」 「っていうか」 「やっぱ」 「そうスね」 などなど

え、こんなのも分からないんですか? と言いたいところなのかもしれませんが・・・
一部の人にだけ理解される言葉を封印して、誰にでも受け入れられる一般的な言葉をちゃんと使えるかどうか。周りの人はあなたの常識度をそういった部分で見ているのだと思って下さい。

相手に伝わらない言葉遣いは、(学生気分が抜けていない人)(失礼な人)と捉えられると考えて下さい。


いつの時代にか、世代交代が行われ時代の流れも変わり、ビジネスでも逆に【若者ことば】が当たり前になるのかもしれません。
ら抜き言葉が当たり前になってきたように、どんな言葉でも標準化する可能性はあると思います。
しかしビジネスの世界全体は大きなものであり、常識というものを含め全てがゆっくりしか変化して行きません。
ですからそこに飛び込むあなた自身が変化し対応する必要があるのだと思います。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-09-11

Comment







管理者にだけ表示を許可